RSS | ATOM | SEARCH
★★
webポップ&カフェアート ペンギンズ
JUGEMテーマ:アート・デザイン

だいぶ前にタワーレコードの無料配布本バウンスに
えらく魅力的なジャケットのCDが紹介されてた。

タイトルがサイケデリック ジャズ スモーキング チューン
タイトルはどうでもよかったんやけどジャケに見惚れた!!

で、京都三条のカニ道楽の方の十字屋にいったら
このCDがあった。

もう思わずジャケ買いしてしもうた。(本で見て知ってたのもある)

サイケデリックジャズ

もう大昔と言うか
サイケな時代の60年代~70年代のジャケの色とかの雰囲気にノックアウトされたんやね

で、内容はと言うと
宣伝コピーではシタールやハモンドが暗躍する
グルーヴィーでファンキーでロッキンな踊れるナンバーが17曲収録

ほんまかいな?また適当なええ言葉で釣って買わそうとしてるんちゃうん!!

とにかく買って帰った!2700円前後やったかな

サイケデリックジャズ3

ミュージシャンの名前も1人しか知らなかった
でも、グルーヴィーでファンキーとくりゃ

勝手に想像してしまうしね

まして 視聴コーナーには無いし

サイケデリックジャズ2

あとコピーには、チープやけどめちゃカッコイイ感覚が今にフィット

これまた怪しいやん

でも買ったのは事実やし

で、聞いてみた。

とにかくレトロチックな音と感じ

イタリアとかのモンドミュージクや70年代のフランスシネマのサントラ
まあ、サイケな時代のインドラーガ調のメロや、シタールギター

ほんまにサイケやけど・・・当たっている

でもこれで踊るってマジかいカフェでもこれはかけれないなぁ

それでチープも当たっている
しかしだカッコイイとは・・・チト無理があるかも

この辺は好き嫌いとか、まあ音楽なんて抽象的なモンやし水モンやしね

で、肝心のハモンドオルガンのグルーヴィー
ここが一番のポイントなんやけど

1曲しかあらへんやん

まあ でも結構楽しんで聞いていると言うか仕事中のBGMにはいい

へんに歌なんか入っていたら、困る事もあるしね

ただグルーヴィーっていうもの曖昧な感じもする、
これも聞く人によって大きく変わってくるしね

CD買う時は、特に知らんミュージシャンの場合は
くまなくレヴューをチェックしています。

まあ今は殆ど(90%)好きなミュージシャンの持っていないものや
コレクターズCDしか買わないようになった

このコレクターズCDって言うのが、またヤバイもんで
コンサートの隠し取りやったり、リリースしてへんアウトテイクやったりする。

音の良い物もあれば、酷い物もある、
いい演奏のものに当たれば音質は気にせずに聞けるけどね

殆どのミュージシャンはこのコレクターズCDが出れば出るほど
自分達は売れているんやと喜んでいるのが現状

なかには、怒っているミュージシャンもいてるが・・・

今はコレクターズCDとか言われているけど以前はブートレッグなんて呼ばれていた。

このコレクターズ音源にハマったら、もう抜け出せない
何年何月何日のどこどこでのコンサートの会場録音とかサウンドボード録音

ここ最近では、IEMインイヤーミニターといって、ステージ上のミュージシャンが耳にしている
モニターイヤーフォン(イヤーフォンから自分達の演奏や歌が聞こえる仕組み)
からの音源とか一体どうやって入手するんやろ?

恐らくスタッフが横流ししてるんやけど・・・

あと会場録音で言うなら
一階席で録音、2階で録音とかもう同じコンサートでも何種類ものCDが出てたりする

それを全部集めている超マニアもいるらしい(信じられないがいる)

で、そのCDが工場プレスCDやったり自宅で焼いたCD−Rやったりと

凄まじい世界!またこのような違法のようで曖昧な代物って良く売れるんですね
それも高額で、CD5000円以上する事もよくある。

それが3枚組とかやったら10000円以上のことも
しょっちゅうあるのですよね!!

まあそこまでハマってないけど、とにかく深い世界がある。
実際聞いていても楽しいし、ワクワクするのやけど。

今日はとんでもない話になりましたが

カフェアートです。

ペンギンズ

ペンギンズです。

ペンギンって飼って見たいけど
そんなん可哀想やし、無理やしね・・・

でもホンマにカワイイよな ペンギンって

今日は鳥も含む海シリーズでした。

他の海シリーズ ポップ&カフェ アートはこちらから見れます。↓

webアート シーラカンスの化石1 A fossil of the coelacanth

webポップなカフェアート マッドシャーク

webカフェアート シーラカンス

webカフェアート 海シリーズ 深海魚A

webアート タツノオトシゴ

webカフェアート 深海魚A   Deep-sea fish A

webカフェアート 国宝の巻貝 The conch of the national treasure

webカフェアート 国宝の貝2

今日のリンクは、アゼツライト
author:パピネン, category:ポップ&カフェアート, 13:34
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:34
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://cafe-ambient.jugem.jp/trackback/189
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...