RSS | ATOM | SEARCH
★★
因幡堂 平等寺のお守りは小鳥のデザイン 小鳥好きの間で有名です

JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣

 

京都烏丸松原にある古いお寺平等寺 因幡堂の紹介です。

 

因幡堂 

 

約一千年ほど前、橘行平(たちばなの ゆきひら)第三十代敏達(びたつ)天皇の子孫で、

従四位上(じゅしいじょう)中納言の貴族がいてはりました。

 

天徳三年(西暦九五九年)橘行平は、村上天皇の命で因幡国(現鳥取県)の一宮に赴き

神事を済ませ帰洛の途中、橘行平は急病になり平癒を神仏に祈り続けていると、

夢枕に異形の僧が現れこう告げました。

 

”因幡国賀留津の海中に一つ浮き流木があり、その浮き木は衆生済度

遠くの仏の国からやってきた流木で 速やかにこの浮き木を供養しなさい

そうすれば必ず病気は治る” 

と言われました

 

早速皆を集め海底を探すと165cmくらいの薬師如来像がありました。

橘行平は お告げとおり供養 その為に草堂をこの浦に建て薬師如来像を祀りました

 

これが因州(鳥取県)高草郡大字菖蒲浦の座光寺(ざこうじ)です。

その後 橘行平の病気は平癒し、無事に京都に帰る事が出来ました。

 

帰京した橘行平にまたある夜、僧から夢告があり

「我は西の天より来て、東の国の人々を救おうとやってきた。あなたには宿縁(前世からの因縁)があるから重ねて事を示す」

 

夢醒めると来客があると家人が呼びに来られ橘行平は驚いて西の門を開けさせたところ、

薬師如来の尊像が立っておられたそうです。

 

さっそく橘行平は五尺余りの尊像を碁盤の上にのせて安置し、これが長保五年(1003年)4月8日の黎明のこと

そして橘行平は屋敷を改造してお堂を作り、このお堂を因幡堂と名付けました。

 

因幡堂 2

 

実は、この因幡堂 小鳥のお守り目当てで行きましたが

薬師如来 病気平癒とは知りませんでした。

 

がん封じの旗が一杯で、お守りもいろいろありました。

 

因幡堂 3

 

御朱印もとても美しく立派です。

ただ境内は、住職さん もっと掃除してください

それか信者さん檀家さんを集めて 綺麗にして欲しいです と言いたくなるくらいでした。

 

雲水時代を思い出して作務をしてください。

托鉢とまでは言いませんが・・・・

 

また毎月イヴェントなどいろいろあります。

古いお寺なので修復費用などバカにならんですね

 

もし参拝に行かれたらお守り、おみくじなど頂いて お金を奉納してあげてほしいです。

本堂はとても立派でした。

 

因幡堂 御朱印

 

そして お守り等200円からあります、

ハート型のコザクラインコのお守りは6種類あり、干支おみくじも300円からあります

 

因幡堂 お守り

 

そして練り香 匂い袋と似た香りです

がん封じですね

 

因幡堂 お守り

 

そして簡単ですが動画も撮ってきました、興味のある方

是非 のぞいて見て下さい↓

 

 

今日は、小鳥のお守りで有名な因幡堂でした。

 

 

author:パピネン, category:京都散歩 神社仏閣 その他, 14:51
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:51
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://cafe-ambient.jugem.jp/trackback/1254
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...